セシウムを効率よく吸着する新素材

セシウムを効率よく吸着する新しいカーボンナノチューブが開発されたそうです。

以下、毎日より引用。
----------------------

炭素だけでできた「カーボンナノチューブ(CNT)」を使い、
放射性セシウムを効率良く吸着する新素材を、
鶴岡秀志・信州大特任教授と古月文志(ふうげつぶんし)
北海道大教授らのチームが開発した。
放射性セシウムの吸着に有効とされる顔料のプルシアンブルー(PB)
のみの場合に比べ、吸着性能は100倍以上高いといい、
福島県で1日800トンの汚染水を処理する実験に着手した。

----------------------
引用ここまで

放射性物質の吸着は、実験室レベルでは
プルシアンブルーが利用されることも多いそうですが、
実際に利用となると、PBはとても小さな微粒子なので、
回収ができずに結果、利用が困難ということが問題でした。

今回新開発されたカーボンナノチューブは、
プルシアンブルーと組合させた素材で、
スポンジに含有させた製品として制作されました。

スポンジだと、ろ過や水分の吸湿など、
利用も実用的なところです。

この新素材のスポンジに放射性物質で汚染された
汚染水を通過さされたところ、3回の通過で97%以上の
放射性セシウムを除去できたとか。

さらに、このスポンジ、加熱によって、
1万分の1以下という体積に縮むので、
使用後の保管も利便性が高いとのことです。
[PR]
# by kks01 | 2013-07-07 21:40